メルマガ登録フォーム|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

メールアドレス(必須)

(例:info@hinatax.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認用再入力)(必須)

半角でお願いします。

メルマガ解除フォーム|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

メールアドレス(必須)

(例:info@hinatax.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認用再入力)(必須)

(例:info@hinatax.jp)
半角でお願いします。

 

最新号2019.4.22|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■□■ さぽーとVol.326 2019.4.22
■□■        ひなた会計事務所発行
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 安倍首相側近の「増税延期」発言。

 国民の反応を見るとともに、あるぞという雰囲気醸成でしょうか。

 今回は領収証等が変わりますについて解説します。


◇◆◇領収証等が変わります◇◆◇


(1)2019年10月から領収証等変更

 消費税率が8%から10%に上がるのに合わせて、税率以外に変わるものがあります。

 それは、領収証等の記載事項の義務化です。

 10%増税時に、食品等は税率8%の軽減税率が適用されます。

 領収証等には、軽減税率適用であることを明記しなければいけません。

 また、税率ごとに合計した金額を明記する必要があります。

 小売店であれば、レシートや領収証に記載しますが、一連の取引で、請求書や納品書等を発行する場合には、領収証以外の書類に記載してもかまいません。

 軽減税率適用であることと税率ごとの合計額を記載した書類を、取引先に渡すことになります。


(2)記号でもOK

 軽減税率の明記方法としては、商品名の横に「※」「☆」等の記号を付ける方法でかまいません。

 その際は、領収証のどこかに、「※は軽減税率対象」と明記します。

 また、軽減税率対象商品とそれ以外の商品に分けて、一覧で表示する方法でもかまいません。

 ちょっと手間がかかりそうですが、軽減税率とそれ以外を、別々の領収証にする方法もあります。


(3)支払側の処理

 支払側は、領収証を受け取ったら、その支払を帳簿に記載しますね。

 帳簿には、軽減税率の取引であることを記帳してください。

 一つの取引で複数の税率が適用されている場合は、わざわざ分けて記帳することになります。

 もし、受け取った領収証等に、軽減税率であることが記載されてないときは、自分で追記又は修正することが可能です。

 ただし、追記又は修正ができるのは、「軽減税率であること」と「税率ごとの合計額」の2つだけです。

 それ以外を修正すると、仮装と認定される可能性があるかもしれませんよ。


(4)軽減税率のみの領収証

 軽減税率対象の食品しか扱わない会社であっても、「軽減税率適用」であることを、明記しなければいけません。

 たまたま食品のみの販売であったとしても、「軽減税率適用」の記載が必要です。

 そのような場合は、「全商品が軽減税率対象」という記載を、領収証等のどこかに記載してもかまいません。

 逆に軽減税率商品を取り扱わない会社であれば、追加で記載するものはありません。


(5)レジの入れ替え

 軽減税率の記載に対応できないレジのままでは、法律違反となってしまいます。

 レジの入れ替えを検討しなければいけませんね。

 実は、レジやPOSの導入に使える補助金があります。

 補助金が使えれば、少ない負担で導入できますね。

 補助金の申請は、レジ業者やソフトベンダーがやってくれますので、まずは相談してみましょう。
                   (M.H)

━━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━
給与計算ソフトはいつ入れるの?
             →→→今でしょ!

勤怠管理も有給管理もできます。

ホームページに入力するだけで、給料計算が簡単にできます。

料金は月額500円(税別)だけ。

お申し込み、お問い合わせは、ひなた会計事務所へ→info@hinatax.jp

デモ画面はこちら↓
https://bit.ly/2CQxn2W
━━PR━━━━━━━━━━━━━━━━


━━今月の税務━━━━━━━━━━━━━━
4月1日(月)から5月7日(火)まで
・土地・家屋価格等縦覧帳簿の縦覧(仙台市)
4月10日(水)
・3月分源泉所得税及び特別徴収の住民税の納付
4月15日(月)
・給与支払報告に係る給与所得者異動届
 (年末在職者が3月末までに退職した場合等)
4月22日(月)
・平成30年分所得税の振替納税の引落
4月24日(水)
・平成30年分消費税の振替納税の引落
5月7日(火)
・固定資産税及び都市計画税の第1期分の納付(仙台市)
・平成31年2月期決算法人の確定申告
・令和1年8月期決算法人の中間申告
・令和1年5月、11月期決算法人の消費税予定納税
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 政府が「令和元年度」という記載を推奨したのですね。


☆─仙台初!資本金1円株式会社─────☆
★── 株式会社 ひなた会計事務所
★── 税理士・行政書士・CFP 日向 雅之
★── 〒989-3202仙台市青葉区中山台1-11-5
★── TEL 022-279-6818 FAX 022-279-6823
★── E-mail: info@hinatax.jp
★── URL: https://www.hinatax.jp
★── 税金情報配信中!
★── 詳しくはHPをご覧ください!
☆───────────────────☆


 このメールに記載されている内容は、一般的
な中小企業を前提としているため、説明を簡略
化してあります。実際の申告の際には、税理士
又は税務署に確認の上、申告していただきます
ようお願いいたします。このメールによる損害
等の保証はいたしかねます。


 購読の停止は、こちらから↓
https://bit.ly/1HAuJMG

 送信先アドレスの変更は、一旦購読を停止し
てから、再度購読の申込みをお願いいたします。