経理合理化の手順を紹介

当税理士事務所は、経理担当者の事務作業量を極限まで減らすことを目指します。無駄な帳簿は、作成させません。そのための方法は、つぎのとおりです。

 

経費精算をキャシュレスにします。
            税理士が教える会社から現金を無くす方法

            税理士が教えるクレジットカードの利用方法

毎月の支払日を統一します。


会計ソフトを使うなら仕訳をパターン化します。


請求書ファイルは1冊だけで管理します。

 
どうやったらいいのか知りたいという方には、その税理士執筆のノウハウを解説した小冊子を無料でプレゼントします。今すぐ資料請求へ。

資料請求はこちら

経費精算をキャシュレスというのは、ズバリ、会社から現金処理をなくします。現金がなくなれば、現金出納帳がいらなくなります。毎日の現金合わせから解放されるだけでも、気が楽になります。


どうしても現金での支払いが必要な場合は、会社から現金を出金するのではなく、社長や担当者に、一旦立て替えてもらいます。そして、月に1度、立て替えてもらった経費を精算します。精算も現金で渡すのではなく、預金からの振り込みで。経費の精算書も担当者自らが作成します。これで、経理担当者の作業は、経費内容のチェックと振込手続だけです。


やっぱり方法を知りたいという方には、そのノウハウを解説した小冊子を無料でプレゼントします。今すぐ資料請求へ。

資料請求はこちら

 

 
 
経費の立替金額が大きい場合には、クレジットカードの利用が便利です。こちらのJCBカードなら、申し込み時に決算書の提出が不要なので、設立したばかりの会社でも申し込み可能です。

160×150.jpg

当事務所は、経理合理化プロジェクトの推進事務所です。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14677022
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)