法人税の税率|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

2014.8.5


(1)法人税の税率

 法人税率の税率は、25.5%です。

 ただし、この税率が適用されるのは、大企業や利益がたくさん出ている会社だけです。

 資本金1億円以下の中小企業で、利益が800万円以下の場合は、法人税率は15%となります。

 会社は、法人税以外にも、法人住民税、事業税や地方法人特別税も納めなければいけません。

 これら全てを合わせると、中小企業の利益に対する税率は、約22.5%となります。

 大企業の場合には約39.5%ですから、中小企業の税負担率は、かなり低いことがわかりますね。

 
(2)中小企業の特例

 本来の中小企業の法人税率は19%なのですが、特例で15%に引き下げられています。

 しかし、この特例はいつまでも続くわけではありません。

 いずれ特例期間が終わってしまうかもしれません。

 そうなると、住民税等も含めた会社の法人税等の税率は、引き上げられることになります。 

 引き上げ後の税率は、全部で約27%となります。

 逆に大企業の法人税率が引き下げとなった場合には、差がほとんどなくなってしまうかもしれませんね。

(M.H)

※内容につきましては、記載日現在の法令に基づき、一般的な条件設定のもとに、説明を簡略しております。実際の申告の際は、必ず、税理士又は税務署にご相談ください。

この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/15108248
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)