印紙不要、分割自由な手形に代わる決済手段 でんさいネット|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

2013.2.5

(1)電子債権(でんさいネット)とは

 でんさいネットは、手形に代わる決済手段として、代金の決済を、電子データによって行うものです。


(2)ペーパーレスで事務手続がラクラク

 電子債権になりますと、手形の発行や振込用紙の記入は必要ありません。

 パソコンで手続をするだけで、支払手続は完了です。

 もちろん郵送料もかかりません。

 ペーパーレスですから、盗難、紛失の心配もありません。


(3)印紙税がかかりません

 手形と違って、紙がありませんから、印紙税はかかりません。


(4)必要な分だけ割引、裏書ができます

 手形を受け取る場合に、割引や譲渡(裏書)をする都合から、振出先にお願いして、細かい金額に分けてもらうようお願いすることがあります。

 電子債権なら、受け取り側が、必要に合わせて必要な金額に分割して、割引や譲渡が可能になります。

 この点が、手形と違う最大のメリットと言えますね。


(5)期日に自動入金

 支払期日になれば、自動的に取引銀行の預金口座に入金されます。

 手形のように、取立て手続は不要になります。 


(6)申込みは各金融機関へ

 でんさいネットには、日本国内のほとんどの銀行、信用金庫、信用組合等の金融機関が参加しています。

 利用にあたっては、金融機関所定の利用料が必要になります。

 申込みや問合せについては、取引のある金融機関にご相談ください。

(M.H)

※内容につきましては、記載日現在の法令に基づき、一般的な条件設定のもとに、説明を簡略しております。実際の申告の際は、必ず、税理士又は税務署にご相談ください。

この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/14710669
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)