税の雑学の紹介

当税理士事務所では、「経理初心者でもわかりやすく」をモットーに、税務情報を掲載しています。

最近の記事は、下記のとおりです。

メールマガジンでも配信しておりますので、興味のある方は、こちらからご登録ください。
メルマガ登録はこちら
メルマガ登録

2019年 2月 配偶者控除が受けられない

配偶者の給与収入が、年間150万円以下であれば、所得税の控除対象になります。
改正で、扶養の範囲内で働ける年収が、103万円から150万円まで上がったので、安心して働いていたら控除を受けられないという可能性が、実はあります。

2019年 2月 課税されるふるさと納税

ふるさと納税をして、返礼品をもらったら、所得税の課税対象です。
課税対象といっても、実際には申告不要だったり、追加納税はゼロという人がほとんどでしょう。

2019年 1月 年が明けたら確定申告可能

所得税の確定申告でも、還付申告なら、1月1日から可能です。
確定申告というと、毎年2月16日から3月15日までの1ヶ月間で行いますね。
これが、還付申告ですと、年明けから申告が可能になります。

2019年 1月 年払いOKの役員報酬

役員報酬を経費にするためには、毎月の支給額が同額でなければいけません。
年の途中で変更したり、賞与を支給すると、経費にならない可能性があります。
決算期開始後3ヶ月以内か、役職変更等の理由がなければ、変更できません。

2018年12月 相続税は誰が払うの?

人が亡くなった場合、亡くなった人の遺産総額が、基礎控除額を超えた場合は、相続税の申告が必要になります。
基礎控除額は、下記の算式で計算します。

この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/14860787
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)