宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
[1]トップページ
[2]株式会社の作り方
[3]業務のご案内
[4]事務所紹介
[5]お問合せ
[6]メルマガ紹介
[7]資料請求
[8]ニュース
[9]求人情報
[10]リンク集

メニュー:メルマガ紹介
メルマガ登録フォーム|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

メールアドレス(必須)

(例:info@hinatax.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認用再入力)(必須)

半角でお願いします。


メルマガ解除フォーム|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

メールアドレス(必須)

(例:info@hinatax.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認用再入力)(必須)

(例:info@hinatax.jp)
半角でお願いします。

 



最新号2019.10.21|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■□■ さぽーとVol.337 2019.10.21
■□■        ひなた会計事務所発行
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 この度の台風19号の被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 軽減税率とキャッシュレスのポイント還元が始まって、3週間経ちましたが、皆さんどんな感想をお持ちでしょうか。

 レジでテイクアウトにしたのに、店内飲食をすることを脱税ではと問題視しているようですが、国税庁が8%で良いとHPに掲載しているのですから、堂々と行きましょう。

 今回は、自販機の販売手数料は10%について解説します。


◇◆◇自販機の販売手数料は10%◇◆◇


(1)飲食料品の自販機販売

 自動販売機って、いろんなものを売ってますよね。

 もちろん、ジュース、飲料水、お菓子、カップ麺等の飲食料品の販売であれば、軽減税率の対象です。

 ただし、販売しているものが、ビール等のお酒、医薬部外品の栄養ドリンクであれば、軽減税率の対象外です。

 ということは、1台の自動販売機で、清涼飲料水とお酒を売っている場合は、それぞれの売上金額を分けて管理しなければいけませんね。


(2)販売手数料はサービス業

 自販機の設置の仕方で、消費税の税率が変わります。

 自分の店で仕入れた飲食料品を、自販機で販売している場合は、飲食料品の販売ですから、軽減税率です。

 それに対して、自販機の設置場所を提供するだけで、飲食料品の補充や料金回収を、飲料メーカーやベンダーが行っている場合があります。

 従業員の福利厚生目的で、会社や工場の敷地内に、自販機を設置している場合がありますね。

 設置場所を提供した会社は、販売数量等に応じて販売手数料を受け取ります。

 飲食料品を販売しているのはベンダーで、受け取った販売手数料は、設置場所を提供することの対価ということになります。

 飲食料品の販売数量に応じて収入が発生しても、軽減税率の対象になりません。

 オフィス用に、お菓子や残業用の食事を提供するサービスもありますので、少額かもしれませんが、経理処理にご注意を。
                   (M.H)

━━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━
振込支払業務に関する悩みを解決!

・振込手数料が高い
・手間がかかる
・セキュリティが不安

そんな悩みを「楽たす」が解決
https://www.bizsky.jp/furikomi

しかもひなた会計のお客様は特別価格
https://www.bizsky.jp/furikomi
━━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━今月の税務━━━━━━━━━━━━━━
10月10日(木)
・9月分源泉所得税及び特別徴収の住民税の納付
10月31日(木)
・個人住民税の納付(第3期分)
・令和1年8月期決算法人の確定申告
・令和2年2月期決算法人の中間申告
・令和1年11月、令和2年5月期決算法人の消費税予定納税
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 最近、講演依頼が多くなっています。ご依頼はお早めに。


☆─仙台初!資本金1円株式会社─────☆
★── 株式会社 ひなた会計事務所
★── 税理士・行政書士・CFP 日向 雅之
★── 〒989-3202仙台市青葉区中山台1-11-5
★── TEL 022-279-6818 FAX 022-279-6823
★── E-mail: info@hinatax.jp
★── URL: https://www.hinatax.jp
★── 税金情報配信中!
★── 詳しくはHPをご覧ください!
☆───────────────────☆


 このメールに記載されている内容は、一般的
な中小企業を前提としているため、説明を簡略
化してあります。実際の申告の際には、税理士
又は税務署に確認の上、申告していただきます
ようお願いいたします。このメールによる損害
等の保証はいたしかねます。


 購読の停止は、こちらから↓
https://bit.ly/1HAuJMG

 送信先アドレスの変更は、一旦購読を停止し
てから、再度購読の申込みをお願いいたします。



▼お問い合わせはこちら
022-279-6818