宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
[1]トップページ
[2]株式会社の作り方
[3]業務のご案内
[4]事務所紹介
[5]お問合せ
[6]メルマガ紹介
[7]資料請求
[8]ニュース
[9]求人情報
[10]リンク集

[*]前へ  [#]次へ

医療費の明細書添付義務化|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

2017.10.20


(1)領収証の提出・提示不要

 医療費控除を受ける場合に、医療費の領収証の提出や提示は、原則として不要になります。

 不要になるのは、2018年1月1日から提出する2017年分の確定申告からです。

 ただし、提出や提示が不要でも、保存は必要ですから、失くさないように注意してください。

 申告後5年間は、税務署から確認を求められる可能性があります。

 失くしてしまうと、医療費控除を受けられない可能性がありますので、ご注意ください。


(2)医療費控除の明細書の作成

 領収証の提出や添付が不要になった代わりに、医療費控除の明細書を作成しなければいけません。

 でも、協会けんぽや健保組合等が発行する明細書を添付すれば、合計額を転記するだけになります。

 保険外診療やドラッグストアで医薬品を購入した場合のように、協会けんぽ等からの明細書に記載されていない医療費については、明細書に記載すれば、医療費控除の対象になります。

 しかも、領収証1枚1枚を記載するのではなく、医療費を受けた人ごと、病院、薬局ごとの合計額を記載すれば良いのです。

 いずれにしても、税務署から領収証の提示を求められる可能性がありますから、領収証の保存が必要であることは変わりありません。

(M.H)

※内容につきましては、記載日現在の法令に基づき、一般的な条件設定のもとに、説明を簡略しております。実際の申告の際は、必ず、税理士又は税務署にご相談ください。


仙台市の税理士 ひなた会計事務所のTOPページへ



[*]前へ  [#]次へ
▼お問い合わせはこちら
022-279-6818