宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
[1]トップページ
[2]株式会社の作り方
[3]業務のご案内
[4]事務所紹介
[5]お問合せ
[6]メルマガ紹介
[7]資料請求
[8]ニュース
[9]求人情報
[10]リンク集

[*]前へ  [#]次へ

軽減税率対応レジの導入で補助金|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

2016.5.2


(1)軽減税率制度

 消費税率が10%となった場合、飲食料品等の消費税率は8%になります。

 2%だけですが、消費税率が軽減されます。

 対象となるのは、外食や酒を除く飲食料品です。

 その他、週2回以上発行される定期購読の新聞も対象です。


(2)軽減税率対策補助金

 売上であれ、仕入や経費であれ、飲食料品等を扱う会社や店舗は、軽減税率であることを明記した請求書やレシート等の発行を求められる場合があります。

 軽減税率に対応するために、新たにレジを導入したり、改良を行った場合には、申請により補助金がもらえます。

 補助額は、原則として導入費用の3分の2で、1台あたり20万円が上限です。

 複数台の申請をする場合は、合計で200万円が上限です。

 ただし、機器や内容によっては、補助率が変わったり、さらに20万円が上乗せになる場合があります。

 補助金の申請は、原則として販売店経由で行います。


(3)対象品

 対象品は、下記のとおりです。

 ・複数税率対応のPOS機能のないレジの導入費用

 ・複数税率非対応レジの改良費用

 ・複数税率対応機能と合わせたタブレット等の導入費用

 ・複数税率対応のPOSレジの導入費用及び改良費用


(4)対象期間

 平成28年3月29日から平成29年3月31日までに、導入又は改良をしたレジが対象です。

 導入でも改良でも、期日までに完了している必要があります。

 申請期間は、平成29年5月31日までです。

 既に購入済みの場合には、領収証等を保管しておいて、申請可能か販売店に確認してくださいね。

 リースで導入した場合も対象ですから、こちらも販売店に確認してみましょう。

(M.H)

※内容につきましては、記載日現在の法令に基づき、一般的な条件設定のもとに、説明を簡略しております。実際の申告の際は、必ず、税理士又は税務署にご相談ください。


仙台市の税理士 ひなた会計事務所のTOPページへ



[*]前へ  [#]次へ
▼お問い合わせはこちら
022-279-6818