宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
宮城・仙台市のひなた会計事務所(日向雅之税理士事務所)
[1]トップページ
[2]株式会社の作り方
[3]業務のご案内
[4]事務所紹介
[5]お問合せ
[6]メルマガ紹介
[7]資料請求
[8]ニュース
[9]求人情報
[10]リンク集

[*]前へ  [#]次へ

日向 敦子

1971年9月10日、大崎市田尻に、2人姉妹の次女として生まれました。

田尻はその当時、剣道が盛んで、小学校4年生から剣道を習い、顧問の先生との稽古がキツくて涙を流しながら練習しました。

中学はバスケ部に入り、し烈なレギュラー争いに、食らいつくのに必死でした。

はまったものは、中日ドラゴンズと、赤川次郎の小説でした。

高校生になって進路を考える際、祖父が教頭、母や姉が教師と言う教育一家に育ったため、自然と教職の道を選びました。

私の転機は、大学1年の夏に、主人に出会ったことでしょうか。

クールで照れ屋な主人でしたが、私に対して感動と愛情をいつも与えてくれました。主人は、昼は大学、夜は専門学校にバイト、メールもない時代でしたが、必ず決まった時間に電話をくれました。
25歳で結婚した1年後、税理士試験に合格した主人は、30歳で独立したいと言うようになりました。

私は不安でした。顧問先のお客様がついてくれるのか、サラリーマンの方が安定していて路頭に迷うことはないのではないか、と悩みました。

でも、主人を信じて独立資金を2人で共働きしながら、節約しながら4年間頑張って貯めました。
私も事務員として、共に事務所を開業することに全く異存ありませんでしたので、教職を辞め、2人で30歳からのスタートを切りました。

とにかく、主人は曲がったことが嫌いで、お客様に常に何が一番か考え、親身に正しく導き出しているな、と言うのが、側で見ていての感想です。

そんな性格なので、時にはスタッフに厳しく当たることもあり、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、皆さん本当によく主人についてきてくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。
私もせめて何かのお役に立ちたいと思い、簿記3級を取得して、日々の税務会計を学びながら、仕事のお手伝いをしています。

中学生の息子が3人と小学生の娘が1人います。子育てで時間に追われる日々ですが、少しでもお客様のお手伝いができるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。



[*]前へ  [#]次へ
▼お問い合わせはこちら
022-279-6818