最新号2018.9.6|仙台市の税理士・ひなた会計事務所


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■□■ さぽーとVol.311 2018.9.6
■□■        ひなた会計事務所発行
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 北海道地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 

 来年度の税制改正要望が出揃いましたが、消費税の増税を控えているからか、大きな改正はないのかな。

 今回は交際費が800万円を超えたらについて解説します。

━━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━
ひなた会計の経営計画書販売

2018年ひなた会計事務所の経営計画書を販売いたします。

価格は9,800円(税込)です。

この経営計画書を真似して、自社の経営計画書を作成してみましょう。
https://goo.gl/Bzmdsf
━━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━


◇◆◇交際費が800万円を超えたら◇◆◇


(1)800万円まで経費計上

 中小企業が1年間に支払った交際費の金額が800万円以内であれば、全額経費に計上できます。

 800万円を超えた場合には、超えた金額は経費に計上できず、法人税の対象になります。

 交際費とは、得意先等の取引先に対しての接待や贈答のために支出する飲食代、慶弔費、中元歳暮代等をいいます。

 「交際費」や「接待交際費」のように、交際費を直接表す勘定科目以外に、福利厚生費、会議費、広告宣伝費、支払手数料等の勘定科目にも、税法上の交際費が含まれている可能性があります。


(2)5,000円以下の飲食費は除外

 接待のための飲食代でも、1人あたりの金額が5,000円以下であれば、税法上の交際費から除外され、飲食代全額を経費にできます。

 5,000円以下であれば、上限800万円の集計に含める必要がありません。

 この制度は、大企業でも使えます。

 ただし、除外するためには、飲食をした年月日、参加者の氏名とその関係、参加者の人数、飲食代の金額、飲食店の住所と名称を記録しておく必要があります。

 飲食代の領収証に金額等は書いてあるでしょうから、それ以外の参加者の氏名や人数等を、領収証に直接メモ書きしておけば、記録したことになります。

 担当者が、参加人数を水増ししたり、実際には参加していない人の氏名を記載したりと、1人あたり5,000円以下になるように改ざんする事例があるようですから、チェックは入念に行いましょう。


(3)800万円を超えたら

 交際費が800万円を超えるようであれば、飲食代を、きちんと集計してみましょう。

 実は、飲食代のうち半分は、800万円にかかわらず、経費にできるのです。

 中小企業は、800万円上限制度と飲食代50%のどちらか一方を選択適用できます。

 交際費のうち、飲食代が占める割合が大きい会社は、有利な方を選択できます。

 飲食代50%の制度も、上記の5,000円以下の制度同様、記録が必要になります。

 こちらは、参加人数は要件になっていませんが、記録しても問題にはなりませんから、飲食代の領収証には、金額にかかわらず、参加者等の記録をしておくようにしましょう。
                   (M.H)

━━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━
振込支払業務に関する悩みを解決!

・振込手数料が高い
・手間がかかる
・セキュリティが不安

そんな悩みを「楽たす」が解決
https://www.bizsky.jp/furikomi

しかもMJSユーザーは特別価格
https://www.bizsky.jp/furikomi
━━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━今月の税務━━━━━━━━━━━━━━
9月10日(月)
・8月分源泉所得税及び特別徴収の住民税の納付
10月2日(月)
・平成30年7月期決算法人の確定申告
・平成31年1月期決算法人の中間申告
・平成30年10月、平成31年4月期決算法人の消費税予定納税
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 東日本大震災の時は、家の電気が回復するのに、3日かかったなと。電気がついて、ひと安心したのを思い出します。


☆─仙台初!資本金1円株式会社─────☆
★── 株式会社 ひなた会計事務所
★── 税理士・行政書士・CFP 日向 雅之
★── 〒989-3202仙台市青葉区中山台1-11-5
★── TEL 022-279-6818 FAX 022-279-6823
★── E-mail: info@hinatax.jp
★── URL: https://www.hinatax.jp
★── 税金情報配信中!
★── 詳しくはHPをご覧ください!
☆───────────────────☆


 このメールに記載されている内容は、一般的
な中小企業を前提としているため、説明を簡略
化してあります。実際の申告の際には、税理士
又は税務署に確認の上、申告していただきます
ようお願いいたします。このメールによる損害
等の保証はいたしかねます。


 購読の停止は、こちらから↓
http://bit.ly/1HAuJMG

 送信先アドレスの変更は、一旦購読を停止し
てから、再度購読の申込みをお願いいたします。

この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16004931
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)