最新号2018.5.7|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■□■ さぽーとVol.303 2018.5.7
■□■        ひなた会計事務所発行
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 やはり、コインチェックからの補償金は、雑所得で課税のようですね。

 ただ、補償金が購入金額を下回れば、他の仮想通貨の売却益と相殺はできますが。

 今回はその補助金は無税かも?について解説します。


◇◆◇その補助金は無税かも?◇◆◇


(1)国庫補助金等の圧縮記帳

 会社が国や自治体から補助金をもらって、固定資産を取得した場合は、そのもらった補助金は、法人税の対象にはなりません。

 補助金をもらっていますから、会社の決算書上は、「補助金収入」という収益になりますが、同じ金額を「固定資産圧縮損」という経費に計上できますから、プラマイゼロで法人税はかかりません。


(2)固定資産の取得だけが対象

 補助金は、固定資産の取得や改良のために交付されたものでなければいけません。

 その補助金で固定資産を取得すれば、補助金分が経費になります。

 ただし、経費を補てんするための補助金は、経費にはなりません。

 給料や教育費、試験研究費等に対する補助金は、その経費ともらった補助金とで、最初からプラマイゼロになっていますからね。

 なお、経費補助金で固定資産を取得しても、経費には計上できません。


(3)国等からもらった補助金だけが対象

 国、都道府県、市区町村から交付された補助金や助成金は、固定資産圧縮損の対象です。

 その他、独立行政法人等からの補助金も対象ですが、団体や補助金の種類が限定されています。

 JEED、NEDO、alic等が対象になる団体の一例です。

 一見公共性の高い団体でも、対象外の場合もあります。

 逆に、対象外の団体と思っても、補助金の出所が国等であれば、対象になる場合もあります。

 申告前に、税理士に確認する必要がありますね。


(4)前期取得済みの場合

 先に固定資産を取得して、その後に、補助金の交付ということがよくあります。

 取得から交付までの間に、決算を挟んでしまうと、減価償却費の調整が必要になります。

 また、固定資産圧縮損の金額も、減価償却費分の調整をすることになります。


(5)返還未確定は特別勘定

 固定資産圧縮損を計上できるのは、補助金の返還不要が確定した決算期です。

 これも、返還不要が確定するまでに決算を挟んでしまうと、補助金に対して法人がかかることになってしまいます。

 それを防ぐために、先に決算を迎えてしまった時は、計上する予定の固定資産圧縮損と同じ金額を、「特別勘定」として経費に計上する方法が認められています。

 返還不要が確定すれば、固定資産圧縮損を計上したのと、同じ結果になるようになっています。
                  (M.H)

━━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━
振込支払業務に関する悩みを解決!

・振込手数料が高い
・手間がかかる
・セキュリティが不安

そんな悩みを「楽たす」が解決
https://www.bizsky.jp/furikomi

しかもMJSユーザーは特別価格
https://www.bizsky.jp/furikomi
━━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━今月の税務━━━━━━━━━━━━━━
5月10日(木)
・4月分源泉所得税及び特別徴収の住民税の納付
5月31日(木)
・個人住民税の特別徴収税額の通知期限
・自動車税の納付
・確定申告税額の延納届出による延納税額の納付(口座引落)
・平成30年3月期決算法人の確定申告
・平成30年9月期決算法人の中間申告
・平成30年6月、12月期決算法人の消費税予定納税
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 季節はずれのインフルエンザで学級閉鎖!

☆─仙台初!資本金1円株式会社─────☆
★── 株式会社 ひなた会計事務所
★── 税理士・行政書士・CFP 日向 雅之
★── 〒989-3202仙台市青葉区中山台1-11-5
★── TEL 022-279-6818 FAX 022-279-6823
★── E-mail: info@hinatax.jp
★── URL: https://www.hinatax.jp
★── 税金情報配信中!
★── 詳しくはHPをご覧ください!
☆───────────────────☆


 このメールに記載されている内容は、一般的
な中小企業を前提としているため、説明を簡略
化してあります。実際の申告の際には、税理士
又は税務署に確認の上、申告していただきます
ようお願いいたします。このメールによる損害
等の保証はいたしかねます。


 購読の停止は、こちらから↓
http://bit.ly/1HAuJMG

 送信先アドレスの変更は、一旦購読を停止し
てから、再度購読の申込みをお願いいたします。

この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/15938876
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)