五十嵐 絵梨奈|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

igarashi.jpeg1990年(平成2年)8月31日生まれ

 

A型生まれも育ちもずっと仙台で、3人兄弟の一番上です。


中学では吹奏楽部に所属、高校では軽音楽部に所属しながら、球場でアルバイトを行っていました。

大学時代ではアルバイトに熱中しすぎて、単位がとれずに中退となってしまいました。

中退後、キャリーバック一つで北海道の札幌市に家出をし、半年ほどそちらで過ごしました。

若気の至りだったと思います。


仙台に帰ってきてすぐにコールセンターで働くも、入社時の部署がなくなってしまい、受付電話の部署へ移動に。


お客様の個人情報をうかがっては、他の窓口に案内する日々でした。あまりにも物足りない!と思ったため、退職を決意。

就活を半年ほどするも、資格もなく大学中退でもあるため、なかなか厳しい状況でした。

そんな時に、父から「今自動車会社が儲かっているらしいから、そこなんかどうだ?」と言われました。

いったん働いてお金を貯めながら、これからの方向性を考えようと思い、父から言われた会社を調べ、派遣社員として入社。

昼夜2交代で、時には月100時間近くも残業がありました。

そんな残業が多い中でしたが「経理や経営に関する仕事をしたい」と強く思い、隙間時間で簿記3級と2級を取得。

 

2017年4月から、実務に直結する経営学ということで、BBT大学に入学。

同級生は、実際に会社を経営されている方も多く、そういった方々と話すと、いかに自分が無知なのかを思い知らされる日々です。

いろんな業界の人がいて、一人ひとりがしっかりと自分の考えをもって話されるので、とても刺激を受けます。

私には何の武器もない。

経理という自分の武器を作りたい。

と思い、会計事務所での仕事を探していたところ、ひなた会計事務所で働かせていただけることになりました。

まだ本当に、右も左も分からない状況ですが、職場内はとても綺麗で、また、極力紙ベースで仕事を行わない仕組みができているため効率も良く、これから働くのが楽しみです。

紙ベースでの作業というのは、管理が大変で、必要書類を探すという無駄な行為が多く存在します。

1日3分書類を探したとして、年間12時間もの損失になります。

そういった無駄時間のない弊社は、お客様に対しても様々な効率化の仕組みや節税の提案をしていけると感じております。

いつもデスクの上が書類だらけで、しかも自分の袖机のどこに何があるかさっぱり。

という方がいらっしゃれば、是非一度、ひなた会計事務所にお問い合わせをください。

社員一同、心よりお待ちしております。

仙台市の税理士 ひなた会計事務所のTOPページへ

この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/15794726
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)