売上5億円以上の消費税計算方法の変更|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

2013.4.19

1消費税計算の基本的な考え方

 消費税は、売上でお客様からいただいた消費税額から、仕入や経費等で支払った消費税額を控除した残額を、税務署へ納付します。

 結果的に、消費税に関してみれば、損得は生じないことになります。


2売上5億円以上は消費税計算が複雑に

 平成25年3月期から、売上が5億円以上の場合は、経費等で支払った消費税は、納税額から全額を控除できなくなります。

 預金利息や土地の売却等は、消費税では「非課税」となっていて、消費税がかからないようになっています。

 収入全体に占める、この非課税収入の割合の分だけ、消費税の納税額が増えることになるんですね。

 非課税収入が預金利息だけであれば、大した金額にはなりませんが、家賃収入や有価証券の売買がある場合には、相当の負担増加になる可能性があります。

 その場合には、経費等の支払を、次の3つの区分に分けて経理することにより、税負担を減らせる場合があります。

・消費税の課税対象の収入のためだけに支出した経費等

・消費税の非課税対象の収入のためだけに支出した経費等

・上記2つ以外に支出した経費等

 取引1つ1つに、この区分経理の処理を行えば、消費税の負担が減るかもしれません。

 実は、区分経理をしても、計算の結果、消費税が減らない可能性もあります。

 区分経理をしてみなければ、どちらが有利になるかわからないということになります。

 しかも区分経理は、取引1つ1つにやらなければいけないのです。

 ずいぶんと面倒ですね。

 かなりの事務負担を強いられることになりますし、計算方法の選択には、制約もありますので、売上5億円以上の経理担当者は、消費税の計算には注意が必要になってきます。

 

(M.H)

※内容につきましては、記載日現在の法令に基づき、一般的な条件設定のもとに、説明を簡略しております。実際の申告の際は、必ず、税理士又は税務署にご相談ください。


仙台市の税理士 ひなた会計事務所のTOPページへ

この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/14791383
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)