電子マネーの経理処理|仙台市の税理士・ひなた会計事務所

2012.10.19


__sozai__/0011848.png電子マネー利用時に経費計上

 会社の経費を会社の電子マネーで支払った場合は、電子マネーを利用した日に経費に計上します。

 現金の出金はありませんから、現金出納帳には記帳しないでください。

 電子マネーの残高は、現金とは別に管理することになります。


__sozai__/0011849.pngチャージをした時は資産計上

 プリペイド式の電子マネーの場合は、利用前に現金を前払いしてチャージをしますね。

 その時の勘定科目は「貯蔵品」になります。

 貯蔵品には切手や消耗品もあって管理が大変という場合には、そのまま「電子マネー」という勘定科目を作っちゃってもいいです。


__sozai__/0011850.png電子マネーの仕訳

 ということは、仕訳にすると次のようになります。

・現金でチャージした時

 (借方)電子マネー ×× (貸方)現金 ××
 
 ※現金チャージの時に、現金出納帳に記帳します。


・電子マネーで交通機関を利用した時

 (借方)旅費交通費 ×× (貸方)電子マネー ××


・電子マネーで文房具を購入した時

 (借方)事務用品費 ×× (貸方)電子マネー ××


__sozai__/0011851.png利用履歴で簡単管理

 電子マネーには、利用履歴が確認できるものもあります。

 利用履歴を印刷するかエクセル等にコピーして、支払先や内容を追加しておけば、そのまま帳簿になりますよ。

(M.H)

※内容につきましては、記載日現在の法令に基づき、一般的な条件設定のもとに、説明を簡略しております。実際の申告の際は、必ず、税理士又は税務署にご相談ください。

この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/14586385
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)