消費税の課税Part5


2006年9月6日

 輸出取引は、消費税が、免除となっています。輸出取引には、商品の海外への輸出はもちろん、日本と海外を結ぶ、飛行機や船の国際便、国際電話、国際郵便を含みます。これらは、国際競争力を高めるため、日本の消費税がかかりません。

 日本で仕入れた商品を、海外へ輸出する場合には、売上については、消費税が免除ですが、仕入の際には、消費税は、負担することになります。一般的に輸出業者は、預かった消費税よりも払った消費税のほうが、大きくなります。このような場合には、国から、払いすぎた消費税を還付してもらうことになります。

この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/13135486
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)